Craftsmans

職人紹介
仕事に誇りと情熱をかける
ちぢみでつなぐ職人の想いを紹介

01

               

顔料プリント  40年

               

中川  貴志さん

               

日本有数のプリント技師
複雑なプリントも正確に重ねていく

             

●  染色との出会い

             

元々染色の仕事をしており、この会社でプリントを始めるときに声をかけていただきました。マニュアルのある仕事ではないので初めてすぐの頃は帰ってから毎日反省会をしていました。

             

●  この技が凄い

             

何色も版を合わせて柄を表現するため繊細な柄だと1ミリでもずれてしまうととても大変です。1つの柄をプリントするのに10年悩み苦しんだこともありました。40年経ったので機械の様子や振動など感覚でわかるようになりましたがここまで来るのは簡単ではありませんでした。

             

●  高島ちぢみに込める想い

             

江戸時代から続く貴重なものなので、色々な世代に使って欲しいです。プリントをしているが今ある柄の多くはパジャマ用途が多い。せっかくなら幅を持たせて様々な用途で使用してもらえる製品になっていって欲しい。

02

                   

楊柳型押  4年

                   

大塚  託矢さん

                   

最初にシボをつける大事な工程
湿度を感じて生機に刻む

                 

●  型押しとの出会い

                 

4年前に冬の繁忙期だけのつもりで短期バイトとして入りました。その期間が終了した時に社員として誘われたのがきっかけです。

                 

●  この技が凄い

                 

この型押しの工程は上下の凹凸に布を挟みシボを作ります。上が金型で下がロール紙で元々はツルツルで時間をかけて金型で押されて今の凹凸を作り出します。その型を嵌める工程で温度変化によって型が伸び縮みするため生地の張り具合など見ないと避けてしまうとても繊細な工程です。細心の注意を払っています。

                 

●  高島ちぢみに込める想い

                 

日本国内で作られたものを日本の人がもっと手にする様になっていって欲しい。値段が高くなってしまうが安いものには理由があり、日本で作られたものには高い技術がある事を知って自分自身も意識が大きく変わったので。

03

                   

染色  15年

                   

浅井  典子さん

                   

色の表現は無限
楽しみながら彩りを添える

                 

●  染色との出会い

                 

現在入社18年目です。染色の仕事を任せて頂いてからは15年が経過しました。前任の方から引き継いですぐの頃がわからないことが多くて大変でした。今では色の指定があれば、過去のデータを参考に迷うことなく色を作り出すことができます。

                 

●  この技が凄い

                 

染め上げる布を小さくカットし色の染まり具合を見て染料の量を調整していきますが、実際に染め上げる際に単純に量を増やすというわけにはいきません。黄色が弱い生地や青が強く出る生地など布によって色の出方が違ってくるのでその見極めが今ではくすんだ色の方が染料の調整が複雑でムラになりやすいため気を使うことは多いですが色は無限にあるのでとても楽しいです。

                 

●  高島ちぢみに込める想い

                 

私は正直、高島ちぢみを知らずに入社しました。同僚に着てみてと言われ初めて来た時に感動をした事を覚えています。軽くて柔らかくて涼しくて。実際に肌に触れて感動して欲しい。手にとってみないと感じることができない製品なので、そうやって少しずつ知名度が上がっていって欲しいです。